読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

移民・外国人労働者で社会保障がまかなえる?

外国人による滞納問題

移民が居なければ社会保障費がまかなえないという意見を聞くが、果たして本当に移民や外国人労働者の受け入れ拡大で社会保障費がまかなえるのか。

人口の10%のおよそ4000人をブラジル人で占めており、移民・外国人労働者受け入れで先端を行っている群馬県邑楽郡大泉町の村山俊明町長の発言。

f:id:zef:20140621155358j:plainf:id:zef:20140621155313j:plain

f:id:zef:20140621155327j:plain

 

参考:【画像】 政府が検討している外国人の移民受け入れがデメリットだらけだと話題 : ロン速

 ですって、奥さん。

また大泉町固有の問題かというとそうではなく、同じような問題が静岡県浜松市でも起きている。以下引用

浜松市には、ブラジル人を中心とした外国人約 3 万人が居住しており、全人口 82 万人の約 4%を占めている。

しかしながら、個人市民税の現年課税分普通徴収においては下表のとおり、市全体の収納率が 90%を超えるのに対して、外国人に係る収納率は 46.62%~55.66%と、市平均を大きく下回る。

また、平成 20 年度市民税の現年課税分普通徴収の滞納額については、市全体の滞納額約 16 億円のうち、外国人の滞納が約 25%を占めている。*1

 

f:id:zef:20140621174643j:plain

 

マジである。

 

世界の移民情勢

移民先進国であるヨーロッパでも、社会保障費のタダ乗りや治安悪化など様々な問題が起こっている。

まずドイツでは、生活保護受給者の38.3%が移民で財政を圧迫*2しており、大泉町や浜松と似たような問題がドイツでも起こっている。

 またロイターによると、スイスでは、移民数を制限するかどうかを問う国民投票が実施され、賛成が50.3%とわずかに反対を上回って可決。可決された要因としては、スイス国内では、移民の増加によって固有の文化が浸食される家賃の上昇や交通の混雑犯罪増加をもたらすとの懸念が高まっていることが理由とのこと。*3

 

固有の文化が浸食されるといえば、日本でもこんな事が

浅草寺で仏像壊す、サウジアラビア国籍の男逮捕 他の寺でも損壊ほのめかす (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

スウェーデンでは、2013年5月中旬に暴動が起きており、警察署や学校などが襲撃で破壊され、22日には一晩で90件の火事が発生した。これに際して、ラインフェルト首相は、移民の社会統合の失敗が原因だと認めた。*4

治安が悪化し犯罪率が増加すれば、それに伴い治安維持や破壊された建築物などの修復にさらに税負担がのしかかることになる。

 移民によるメリットも勿論ある。OECDの調査によると、「現時点で人の往来の自由化の恩恵を最も得た国はスイス」という結果が出ている。それによると、スイスで「移民が納めた税金」から「移民により発生した管理費、設備投資費、福利厚生費など」を引くと、少なくとも65億フラン(約7427億円)の黒字だそうだ。*5

ただし、この調査がどこまで信用できるか実際に起きていることを見る限り怪しい。またスイスの場合、公用語がドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と多言語国家であり、6割がドイツ語話者。*6さらに、それらの国とは陸続きである。

加えて、スイス全人口の23%(182万8400人)が外国人で、その内訳は、2011年末の時点での移民は大半がドイツ人(12%)、次いでポルトガル人(11.1%)、コソボ人(8.9%)、フランス人(4.4%)、エリトリア人(2.6%)。2002年以降の移民の3分の2は20歳~39歳。53%が大学卒業者。*7

要は大学を出た人材やOECD先進諸国の人材が多いし、言語的な障壁が低いのだ。

 

労働人口不足の解決方法

ニート生活保護者、出産・育児を終えた主婦層の活用、フリーターなどの国内にリソースはまだかなりある。実際、我が国の労働参加率は73.9%であり、生活保護受給者は216万人を超え、過去最高となっている。

f:id:zef:20140621193037j:plain

f:id:zef:20140621193050j:plain

~新世紀のビッグブラザーへ より

 

また土木や介護など労働力が不足している特定の分野に関して、労働単価を上昇させ労働者の参加を促す。重労働の上、低賃金では人が集まるわけがないのだ。

安易に移民に走る前に、まず今現在起きている外国人労働者や移民の問題を解決すること。上記のリソースを活用し、労働単価を上げること。その上でまだ足りないということであれば、移民について検討すべきではないだろうか。